助成金をもらって健康関連で起業!?

起業には自分がしたいビジネスで収益を得ることができる魅力があり、ニーズに合った戦略や努力次第によっては、高収益や将来の事業拡張を目指すことも可能となります。
一方、新たにビジネスを始める場合には準備資金や運転資金が必要になります。
ここでは、助成金・補助金を活用することで初期投資を抑えることができ、現在、国や都道府県等では事業に関するものとして様々な制度を設けています。
起業をする際には、事前にどのような制度資金があるのか情報を入手しておくことで、有利な条件で進めることができるようになります。

健康関連企業ってまだまだ伸びる業界

健康関連の事業は、大きく、疾病産業と健康増進産業の2つに分けることができ、他に、関連性の高いものとしては介護事業を上げることができます。
健康関連は、特に国内においては高齢化が進んでいることから将来性のある業界の1として捉えられており、中でも、健康増進に関しては様々なサプリメント、健康器具の販売など急成長が見られる業種となっています。
健康増進の特徴としては、まず1つに価格が手頃であることがあり、技術や開発力が向上することで商品価格が下がり、この場合、高い普及率につながることがあります。
次に人気の持続性があり、消費者が買い続けることで消費面においても継続性が確保されます。
提供される商品やサービスは、メディア等が広く活用されているために認知される確率が非常に高いこともあり、行き渡りやすいことも特徴の1つとなります。
また、何よりも利便性があり、多くは、消費に対する時間が短時間で済むようになっています。

助成金をもらって起業するチャンスか!?

助成金で起業をする際には、どのような種類があるのか把握をしておくことが大切になります。
まず、基本的に、補助金同様、返済不要で利用することがきます。
補助金との違いは、助成金は要件が合えば基本的に受給されるのに対し、補助金は予算があるために要件が合っても受給できない可能性がある点です。
そのために補助金に関しては、できるだけ早い時期から申込をしておくことが必要になります。
助成金を設けている機関としては、大きく、経済産業省、厚生労働省、地方自治体、公益団体や民間企業の4つがあり、公益団体等に関しては社会公益を目的とした事業が該当します。
起業する際に申請できる主なものには、まず、100万円~200万円の補助額となる創業促進補助金があります。
次に、小規模事業者持続型補助金があり、ここでは、小規模事業者を対象として上限50万円以内かつ補助対象となる経費の2/3以内が支給されます。
また、中小基盤人材確保補助金では基盤人材雇用1人につき140万円、一般労働者の雇用1人につき170万円をそれぞれ最大5人まで受けることができ、他に、地域中小企業応援ファンドを利用することもできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です