整体と健康保険が認められる範囲について

整体では、整体院や整体クリニックなど呼ばれ方も異なってきてややこしく整骨院や接骨院などでも治療や施術の範囲も変わってきます。
健康保険の適用もされるところとされないところなど条件も変わってきます。
病院や診療所などでは保険医療機関の認定で健康保険が認められていますが、整体院では健康保険は認められず適用できないようになっています。
整体院や接骨院と同じようなものと考えている方もいるでしょうが実際は診療や処置の仕方が違います。

保険適用で整体って行けるの?

整体院では、民間の資格を持った方が施術を行います。
接骨院とも違い柔道整復師の国家資格ではなく、資格をもたなくとも施術が行えるようになっているので病院や診療所と違い、代替医療として医療機関ではない医療行為が行えないものになっています。
整体院は医療行為ではないマッサージや骨格のゆがみの矯正などしたりする民間療法となっているので、病院や診療所、また接骨院などで交通事故などによる痛みの症状が消えなかったり慢性症状が生じて原因が分からない場合に利用する方が得策でしょう。
さらには接骨院や整骨院の治療にいたっても絶対に保険が適用できるという訳ではないので注意が必要です。
健康保険が適用できる範囲はきちんとした法律で厳格に決められていて、症状としては骨折にはじまり捻挫や脱臼、打撲などに対して健康保険が適用されるよう定められています。またこれら症状の応急処置としての業務が義務付けられていて保険適用には成約があります。

マッサージ専門店でも大丈夫なの??

健康保険の適用には、病院や診療所の医師からの症状にたいする同意書などが必要となり、同意書をもってして肩こりの治療で適用される場合もあり、目黒のマッサージ店などでは、各種健康保険から交通事故、労災の保険が症状によって適用される場合もあります。
目黒のマッサージ店では、鍼灸を中心とした整骨院で柔道整復師が捻挫や打撲に冷罨法、温罨法やマッサージ他、物理療法等の施術まで整形外科的な観点やカイロプラクティック、東洋医学も取り入れて治療を行っています。
特にむち打ちなど事故の後遺症での利用するには交通事故指定院として専門的な治療ができるので、病院や整形外科などで適切な治療を行った後の長引く痛みや関節への痛みが広がったりする自分では原因の特定が困難な状況にある場合などは交通事故治療の専門スタッフが従事しているので利用する価値があるのではないでしょうか。
ただし、慢性的な疲労や日頃の疲れによる症状では全額自己負担となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です