ウユニ塩湖ツアー土産の塩はミネラル豊富!

健康のために出来合いものの惣菜などをできるだけ控えて食事を手作りしていると、調味料も体に良いものを使いたいと思うようになりました。
テレビ番組か何かで、天然の塩はむしろ体に良いと聞いたことがあったからかもしれません。
でもどんな塩が良いのか決めかねていた時、友人からウユニ塩湖の塩をお土産にもらいました。
ちょうど天然の塩を探していた時だったので有り難く頂戴し、最近はミネラル豊富な美味しい塩を料理に使っています。

友人からウユニ塩湖の塩をもらいました

海外旅行が好きな友人が、今回はウユニ塩湖のツアーに行ってきたと報告してくれました。
ウユニ塩湖と聞いてもどこだかわからなかったのですが、ウユニとはボリビア西部の町なんだそうです。
それでもいまいちピンと来なかったのですが、雨季になって広大な大地に水が薄く溜まると、水が鏡となって空の色が映る上下対称のような景色が見られるのだといって写真を見せてくれました。
写真を見ると、世界の絶景を集めたテレビや本などで同じ光景を見たことがあったので、なるほどここがウユニ塩湖だったのかと思ったものです。
友人は、旅行に行くといつもお土産を持ってきてくれます。
今回のウユニ塩湖は世界最大の塩の平原で、現地では塩を切り出して建材として使用したり、精製して食用にしたりしているそうです。
もちろんお土産としても売っているそうで、ちょうど私が体に良い塩を探していることを知っていたため、迷わず購入したとこのことでした。
というわけで、今回のお土産はウユニ塩湖の塩を頂いたわけです。

ミネラル豊富な塩らしい!

友人からもらったウユニ塩湖とはどのようなものなのか、早速調べてみました。
ウユニの塩は結晶がピラミッドの形をしていることから、ピラミッドソルトとも呼ばれているそうです。
精製とはいっても、かき集めた塩を3日間天日干しして加熱し、さらに乾燥させてから粉砕機にかけるという昔ながらの方法で作られています。
人工的に作られているものと違って加工されていないので、ミネラルがバランスよく豊富に含まれており、味わい深いのが特徴だそうです。
特にウユニ塩湖は海水が陸地に閉じ込められることによってできた湖、つまりもともとは海水なので、よりミネラルが豊富だということでした。
実際に使ってみると、粒子が細かくてサラサラしているので使いやすいです。塩気が強めなので、わずかな量でもしっかり味が付きます。
今までとの違いが特に分かりやすいのがおにぎりです。
ウユニの塩で作ると、ほのかな甘さを感じるような実に美味しいおにぎりになります。
また、ウユニの塩を入れた水はミネラル豊富で水分補給に最適とのことなので、夏の熱中症予防に是非試してみたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です