日光に当たる時間を増やしたくて

近年は紫外線の影響を気にして、日光は極力避けるようにとされていますが、それでも健康のためには適度に日光に当たる必要があります。
特に現代人というのは、建物の中で生活をする時間のほうが多いわけですから、日頃から屋外で活動をしている人をのぞいては日に当たる機会が減っているような気がします。
自分も適度にエクササイズはしているものの、体育館やジムに通うことが多いだけにもう少し日光に当たる時間を増やそうと考えるようになりました。

テレビで庭いじりが適度な運動になると言っていた

健康について興味があるので、健康に関する話題は事細かにチェックしていたのですが、庭いじりをすると適度な運動になるという話を目にしてこれは面白そうだなと感じました。
運動自体はそれなりにしてはいますが、屋内で体を動かすことが多いだけに日光に当たりたいなと思うようになったのです。
日光はできるだけ避けようというのは近年の主流な考え方なのでしょうが、その一方で当たらなさすぎるというのもやはり健康面では考えものです。
特に現代人は日光を避けすぎな傾向にありますから、庭いじりをしながら日の光に当たるのも良いのではと思いました。
今まで、庭はあるものの特に手入れをすることもなく無駄なスペースとなっていましたから、この際運動と日光浴、更に庭の手入れを考えるとなかなか良さそうだと感じ実行に移してみることにしたのです。
しかし、いきなり始めるというのも大変なものですから、まずは準備をするところから始めることにしました。

天然芝はハードルが高いので人工芝から

庭いじりの最初に始めたことが、芝の手入れからだったのですが天然芝は大変なので、人工芝をしくことにしました。
天然芝は手入れをしつづけなければなりませんから、今まで何もしてこなかった自分が始めるには少し大変です。
しかし、人工芝でしたら手入れが不要ですし傷んでくれば簡単に取り替えることができるので、まずはこれを敷き詰めるところからはじめました。
内容的に自分で行うのは難しいかなと思ったのですが、実際にやってみるとそれほど難しいものではなく、作業の内容自体は比較的簡単にできました。
内容は簡単なものの体の負担というのは結構なもので、作業をしていると汗をびっしょりとかいてしまって、確かにこれはいい運動になるかもしれないと感じたのです。
それでもこまめにコツコツと作業をしたことによって、綺麗に庭に人工芝を張り詰めることができたので良かったです。
とりあえず下地はできたので、更にここから綺麗で格好良い庭をつくっていきたいと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です