亀頭増大手術後のアフターケアが重要

亀頭増大手術を失敗したくないならクリニック選びは慎重に

見た目が悪く亀頭が小さいのがコンプレックスで自分に自信が持てない、パートナーの女性を満足させることが出来ない、カリの部分が低くて包茎っぽくなってしまうなど男性器にまつわる悩みがある方は多いのではないでしょうか。そんな悩みやコンプレックスに寄り添い、理想の男性器を形成してくれるのがクリニックでの亀頭増大手術です。
亀頭増大手術には、腫れや出血や変形や感染症などの失敗やリスクがつきまといます。絶対に亀頭増大手術を失敗したくないなら、クリニック選びを慎重に行うべきです。クリニック選びにおいてチェックしておくべき点としては、亀頭増大手術に定評があり実績が豊富で症例数が多い、ヒアルロン酸やアクアミドやパフォームなど注入する薬剤の安全性や効果にこだわっている、失敗した際のアフターケアが万全などがあります。亀頭増大手術で万が一失敗した場合でも、アフターケアがしっかりとしているクリニックなら安心です。

亀頭増大手術後はセルフでのアフターケアも徹底する

亀頭増大手術に限らず、どんな手術においても術後は腫れや痛みや赤みや違和感などのトラブルが起こりやすいセンシティブな状態です。トラブルが起こるリスクを低減させるためには、自分でも積極的なアフターケアをすべきです。具体的にすべきこととしては、患部を濡らさないようにして入浴やシャワーは翌日以降にする、手術を行った直後はスポーツやトレーニングは避けて安静にしてゆっくり過ごしアルコールの摂取も控える、感染症が発症したら放置せずに速やかにクリニックを受診して抗生剤投与などの処置をしてもらう、亀頭の部分が大きく腫れて出血や痛みを伴う場合は我慢せずにクリニックで止血をしてもらったり鎮痛薬を処方してもらったりする、注入した薬剤が偏り理想の形にならなかった場合は注入した薬剤を溶かしてもう一度薬剤を注入してもらうなどがあります。手術当日と翌日は、大事を取って仕事はお休みするのが安全で安心です。

まとめ

亀頭増大手術は失敗やリスクがついて回りますが、アフターケアが万全な信頼できるクリニックを選んで、術後は患部に刺激を与えないようにして安静に過ごせば、失敗やリスクは怖くなくなります。ヒアルロン酸などを注入する亀頭増大手術は、時間の経過とともに体内に注入したものが吸収されます。理想の形を維持したい場合は、注入し続ける必要があります。ヒアルロン酸の場合は1~2年程度効果が持続し、アクアミドの場合は5~6年程度持続します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です