痛みに弱い方は亀頭増大手術前の麻酔を検討

局部麻酔をするので痛みで失敗することはなし

亀頭増大術は包茎施術と同様に麻酔をするので、施術中に痛いと感じることはほとんどないです。敏感な部位を切るので本来は激痛を感じるはずですが、局部麻酔をするのでほぼ無痛になります。ただ痛いものだと思い込んで施術を受けると、そのように錯覚してしまう場合があるので、痛みに関しては必要以上に気にしないようにしてください。何より陰茎のように敏感な部位に対して、麻酔なしで手術をすることはないです。

麻酔は亀頭増大術の前に注射器で行われるので心配はいりません。もちろん麻酔注射を打つときはチクッとした痛みがありますが、これは仕方のないことでしょう。麻酔を打つときの針は細いタイプが使用されることが多く、予防接種などと比較しても痛みが弱く抑えられているのが普通です。亀頭増大術は保険外治療のため、患者さんの苦痛を軽減する処置がふんだんに導入されています。注射の痛みも苦手という方には表面麻酔で予防することも可能です。

恐怖心の度合いに合わせて麻酔選びを

亀頭増大術前にシールやスプレーを使用した表面麻酔をしておけば、注射針を刺したときの痛みはほとんどなくなります。亀頭増大術の痛みで失敗したという声はほとんど聞かれていません。歯科麻酔と比較しても痛みは弱いくらいであり、気が付いたら手術が終わっていたという人もいますし、うとうと眠ってしまう人もいるほどです。ただ痛みがほぼないとは言っても、意識がある状態ですと恐怖を感じるでしょう。

そうした方は静脈麻酔という方法があり、麻酔で眠っている間に手術が終了します。亀頭増大術に対して極度の恐怖があるけど、それでも亀頭を大きくしたいという男性におすすめです。どんなに効果的な手術であっても、術中に過度の恐怖を覚える状況は避けたいでしょう。麻酔で失敗しないためには、自身が手術に対してどの程度の耐性があるか認識しておくことも大切です。また高度な麻酔になるほど麻酔費用は治療費に上乗せされますので、予算をオーバーする失敗には注意してください。

まとめ

亀頭を増大させて短小の悩みを解決できるのが亀頭増大術です。包茎施術と同様によく行われていますが、ほとんどは切る方法が用いられます。亀頭増大術は安全な施術ですが、痛みや過度の恐怖を覚える状態は避けたいです。そこで事前に亀頭増大術前に行われる麻酔の種類、方法などを把握しておく必要があります。施術中は麻酔により無痛になりますが、麻酔注射にはある程度の痛みがあります。過去に麻酔注射で痛い思いをして失敗したという方は、シールやスプレー麻酔なども併用するのが得策です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です